美食の都として知られるエミリア・ロマーニャ州を主な産地とする、 伝統的な天然微発泡のワインです。
歴史は古く紀元前、古代ローマ時代に遡ります。今では世界各地に輸出されており、 世界中で日常的に親しまれています。

エミリア・ロマーニャ州のレッジオ・エミーリアとモデナ、そしてロンバルディア州南 東部のマントヴァの三つの地区がランブルスコの主な産地となります。
ポー川流域の広大で肥沃なパダノ平野を有するエミリア・ロマーニャ州は古くから農業 や畜産が盛んで世界的にも有名な食材の宝庫です。とくにハムやソーセージ、サラミな どの加工肉やチーズの王様と呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノが有名です。

エミリア・ロマーニャ州の代表的な食品

●パルマの生ハム ●パルミジャーノ・レッジャーノ ●ボローニャのモルタデッラ
●ボロネーゼ(ミートソース) ●バルサミコ酢
●モデナのコテキーノ(豚のゼラチン質の入ったソーセージ)など。
これら肉類やチーズ、バターなどを豊富に使った濃厚で脂肪分の多い料理がエミリア地方の料理の特徴です。

そんなエミリア地方の料理に合うワインはやはりランブルスコです。
ランブルスコの新鮮な酸味ときめの細かい泡が口のなかの脂分を洗い流してくれるので、
脂っこいお肉料理や味付けの濃い料理と合わせるとさっぱりとおいしくいただけます。